メンタルヘルス対策

うつ病をはじめとするメンタルヘルス不全による休業は近年増加し続けています。
この傾向は大企業だけでなく中小企業でも同じです。もはや中小企業もメンタルヘルス対策を無視することはできない状態になっています。

メンタルヘルス対策使用者には労働者の安全配慮義務が課されています。メンタルヘルス対策として労働者に対する安全衛生教育や健康診断の実施、相談窓口の設置等が必要となります。

また、休業等については就業規則で休業の期間や休業後の復職や退職・解雇等についてきちんと定めておかないとトラブルの原因になります。

メンタルヘルス対策はまだ何もしていないという事業主の皆様、まず一歩を踏み出してみてください。

メンタルヘルス対策についてのお問い合わせはこちらからお願いいたします。